大阪ハロウィンナンパで白人ニューハーフと即日アナルセックス!!性と国境を越えた物語!!

ミナミナンパ

どうも!最近ナンパ終わりの金龍ラーメンにはまってるロドリゲスです!

 

今回はつい最近ハロウィン当日に大阪ミナミでナンパした白人のニューハーフとセックスした時のお話を書いていこうと思います!


ちなみに僕はハロウィン大嫌いです…..

今回の記事はハロウィンの事ボロカス言って割と社会学的観点からハロウィンを解説しつつ、
白人ニューハーフとセックスというセクシャルマイノリティと国境の壁を越えたハートフルでグローバルな渾身の記事になっております!


ハロウィン大好きのイケイケ陽キャ君は気分悪くなるかもなのでご理解お願いいたします(笑)

俺はハロウィンが大嫌いなんだ。何が楽しいのか?

ハロウィン。

f:id:Rodoriguezibf:20191102143831p:plain

いつからか日本でも毎年のクリスマスに並ぶビッグイベントになってしまった。


とはいえクリスマスと違って、嫌悪感を覚える人も多数いる。


俺もその一人だ。ハロウィンなんて大嫌い。


ハロウィンで街に出てバカ騒ぎする連中は基本クラブにいるようなイケイケウェイ系の陽キャ連中達ばかりで、しかも集団で群れて羽目を外す。

 

クソ根暗陰キャの俺からしたら、まさに地獄のような空間だ。

そして俺が嫌いな群れるという行為が横行しまくっているのもハロウィンだの特徴だ。

1人じゃ何もできないくせに….


そもそもハロウィンの印象は小学校低学年の時、英会話教室でひっそり内輪でやって、とても楽しかった印象しかなかった。


が次第に恐ろしいものに変貌してしまった。

 

いい年してバカ騒ぎするやつら、しかも洒落にならない。

街にあふれるごみ。逮捕者。


毎年のようにニュースになる。


仮装?みんなで写真を撮る?一体それの何が楽しいんだ?


俺には全く分からない。

 

本当に楽しんでいるのだろうか?ただただ騒いで注目されたいだけなんじゃないのか?


そんな風に斜に構える俺。


改めて今の日本の現状に危機を感じる。


きっとハロウィンでバカ騒ぎるする連中は日常が退屈なのであろう。

毎日ストレス・鬱憤がたまっているのであろう。


だからこそ年に一度ハロウィンで爆発させる。


つまり今の日本にはこれだけバカ騒ぎで日々のストレスや鬱憤を発散したい人がたくさんいるわけ。

 

世も末だ。

魔界と化した大阪ミナミでハロウィンナンパをする

ハロウィン当日

本当であれば、家に籠って一歩も外に出たくない。


バカ騒ぎするイケイケ陽キャたちが占領する、クラブのような無法地帯と化した大阪ミナミなんかに行きたくなかった。


パソコンの前でK-1を見たり、TSUTAYAで借りた海外ドラマを見ていた方がよっぽど俺は好きだ。


がしかし、大阪ではないが、東京の渋谷のハロウィンで他のナンパ師がtwitterでハロウィンナンパの成果報告を上げているのをつい気になったので見てしまった。

 

看護師コスプレゲット!!、本日3即目!!、ハロウィンイージーすぎ笑!

 

見る必要性なんてないのに、他の人がどうなってるのかついつい見てしまう。

 

他の人の成果報告に対し、素直に俺はすごい!!いいな!!なんて思えなかった。



 

クソが!!負けてられねえ!!全員ぶっ潰してやる!!


変に負けず嫌いなところがここで出てしまう。

俺のいいところでもあり、悪いところでもある。

 


そして世間では渋谷のハロウィンがクローズアップされるが、僕らの住む大阪ミナミも負けていない。


大阪ミナミも渋谷と同様、魔界と化している。


最初は大阪ミナミでやらず、恐らく魔界化していないであろう梅田でナンパしようと思ったが、

 

下品なクソ魔界で戦ってみたい気持ちもあった。

 

行くのであれば、半端な覚悟じゃダメだ。何が何でも勝ちに行く。


もちろん仮装というしょうもないことはしない。


いくら他のナンパ師がハロウィンナンパはとにかく楽しんで、自分も仮装してみたいなことを言っていても、

 

我の強いひねくれ陰キャの俺からしたら

 

うるせーよバーカ!!


そんなわけで普段通りの私服で、普段のロドリゲスで、ハロウィンマジックなんぞ使ってたまるか!他の奴とは違うんだ!!

という気持ちで試合前にバンテージを巻く格闘家のごとく妙なピリピリ感を漂わせながら支度をし、俺はチャリで街に向かった。

 「バンテージを巻く」の画像検索結果

 

時刻午後21時


いつもどおりミナミのホストの看板でギラギラしている宗右衛門町入り口に自転車を止める。


既に仮装してる奴らがたくさんいる。


宗右衛門町にいる客引きも若干ハロウィン仕様だ。


宗右衛門町を歩いて、ひっかけ橋方面に向かって歩くと、


普段の大阪ミナミじゃありえないようなおびただしい人数の人々がいる。

 

コスプレしているイケイケ陽キャ連中がたくさんいる。

 

どいつもこいつも群れやがって。俺は絶対一人でやってやる。

 

そしてもう見飽きたわ!!と突っ込んでやりたいようなコスプレばかりだった。

 

SWAT、ゾンビ、ウケを狙った露出の高い恰好をした男、ジョーカー、ただただセクシーすぎる女

 

地獄だ…本当に魔界だ…..今すぐ家に引きこもりK-1を見たい。

 

正直俺は別に女子のコスプレ姿を見ても全く興奮しない。


むしろ嫌悪感すら覚える。


絶対こんな事故承認欲求の塊で、性病の1つや2つくらい持っているであろう品のない女と付き合いたくない、死んでも彼女にしたくないとさえ思う。

 

俺の理想はハロウィンとは無縁で、こんなバカ騒ぎをせずとも普段から日常が充実している、穏やかでおっとりした品のある女性がいい。

 

がこの魔界にはそんな理想の女なんかいない。

 

そんなことを考えながら、ひっかけ橋につくと、満員電車状態で全く前に進めない…

 

普段から筋トレはしているのでフィジカル負けしないように、そのまま突き進み何とか御堂筋の方に脱出できた。

 


にしても

 

人多すぎる!!梅田行こかな….

 

余りにも人が多すぎて、前にも進めず、ナンパどころじゃなかったのでもう梅田に移動しようかとさえ考えた。


がもう一人の俺がここで活を入れてくる


もう一人の俺「お前は魔界で戦うって決めたんだろ!?梅田に逃げてる場合じゃねえ!!」

f:id:Rodoriguezibf:20191009154126p:plain


ハッと我に帰った。

 

そうだ俺はこの汚れた魔界で戦うと決心したんだ。今更逃げてる場合じゃない。

他の奴らが結果出してる中、負けてられねえ!!


そんなこんなでナンパするスペースがありそうな難波駅付近で戦うことを決意し、

満員電車状態の大阪ミナミの街を小柄で1人の孤独な男が突き進んでいく。

悪魔のコスプレをしたモデル風金髪白人ニューハーフをナンパ

時刻は既に12時過ぎ


バンゲは出来るものの、どいつもこいつも「これから着替えて街に行きまーす」こんな奴らばかりだった。


そして一応連れ出しは出来たものの、クソ処女ガードバリ固女で1時間も無駄にした。

 

クソが!!どいつもコイツも!!

f:id:Rodoriguezibf:20191031161439p:plain

 

12時過ぎ….でも俺は諦めん。

 

まだまだミナミは魔界だが、それでも終電を気にしてさっきよりも駅に向かう人の量が多くなってきた。

 

チャンスだ!!

 

そんなことを考えながら難波駅付近の商店街を歩いていると、


目の前に身長175以上はあるであろう、金髪で悪魔の格好をし生足むき出しのスタイル抜群モデル風8頭身セクシー白人美女が!!

 関連画像


俺が逃すわけがない!!

早速 亀田家の最終兵器ことボクサー亀田和毅の高速ジャブのごとく目にも止まらぬ速さでパンチを打つ俺(声をかける俺)

・このようにナンパではいいなと思った子がいたら、誰よりも早く亀田和毅の高速ジャブの如く声をかけましょう!
そうしないと考えすぎてブレーキがかかってしまったり、スカウトに取られたりします。
 

俺「えっ!?ミランダカー!?」

白人美女「(笑)チガイマスヨ!」

流ちょうな日本で返してきたため、一瞬外人風メイクをした日本人かな?と思ったがやはり外国人だ。

強さは日本ランカー(A級美女)で、

わかりやすい彫が深く顔の整ったブロンドで青い目をしたザ白人美女で背も175センチに以上はあり、背の低いロドリゲスが見上げる形である。


基本美女であれば美女ほど背が高い傾向にある。

なので背の高い美女に対し、背の低いロドリゲスが下から見上げるシチュエーションはもう慣れっこだ。

 

俺「ミランダカーじゃないんか!てか日本語上手いなー」
白人「勉強してるからね!いずれは住みたいと思っている!」


彼女はニュージーランド人で日本には今一か月の旅行中だそうで、日本語がメチャクチャ上手で俺が英語を喋る必要もない。

で日本のギャルを意識しているのか、ネイルもシザーハンズばりに凄いことになっていた。


俺「ネイルすごいな!!めっちゃギャルやん!!」
白人美女「ギャル好き!!浜崎あゆみ好きやねん!!」

 

来た!!俺も浜崎あゆみ好きだ!!


俺「マジで?俺も好きだよ!カラオケ行こうぜ!!」
白人美女「えー。私歌下手だから」
俺「問題ない。俺の美声を聞いてくれ。」


死ぬ気の覚悟で大嫌いなハロウィンで大荒れする街にやってきたわけなので、どうしても坊主で帰れなかったので、必死に打診をするロドリゲス。


こんな映画に出てくるような白人美女を失いたくなかった。


白人美女「でも私隠し事してる。」


いきなり隠し事をしていると打ち明ける白人美女。

まさかのニューハーフと判明!!でも構わずカラオケへ

俺「隠し事?何?教えてよ!!」
白人美女「エーどうしようかなー。」


中々すんなり教えてくれない白人美女。


一体何を隠しているのだろうか?

とはいえどんなアンサーが出ても受け入れる自信はある。


すると白人美女はやっと覚悟が決まったようで、俺の目を力強く見て次の言葉を放った。


白人美女「私ニューハーフです。」

 

 

なるほど

ニューハーフか。想定内。

今までナンパでもっとヤバい奴にたくさん会ってきた。


だからこそ普通にすんなり受け入れることができた。もしかしたらそういうこともあるのかなと思った。

もちろん言われないとわからないレベルの外見だが。



俺「ノープロブレム!」


そんなこんなでダウン(連れ出し)!!

f:id:Rodoriguezibf:20190413021045p:plain


近くのカラオケ屋さんに1時間コースで入店する。


彼女の情報は以下の通り

・20歳でニュージーランド出身

・既に日本は2,3回目で、将来的には日本人と結婚して日本に住みたい

・彼氏は今まで日本人で今はいない

・日本のギャル文化が好きで、よってネイルや髪といい見た目もギャル

・ずっと昔から自分のことは女の子と思っている

・まだチ○コがついていて、早く取りたいが、お金がとにかくかかるので今はためているとのこと

・ニュージーランドでは駐在している日本人向けのキャバクラで働いている

・日本のハロウィンが初めてでコスプレして初めてのハロウィン
 
カラオケでの戦い方がまだあまりよくわからないが、まずとにかく盛り上げよう。
 
俺はエンターテイナーだ。元お笑い芸人だ。
 
 
盛り上げることくらい朝飯前だ。
 
 

浜崎あゆみの曲を2曲を2人で熱唱した。

voyageとseasons


白人美女は歌は上手だが、それでも外国人なのでちょいちょい間違える。


なので


俺「間違えんなよー!」


と言いながら、まずジャブ程度に肩をたたきボディタッチを数回繰り返した。


一切嫌がる様子はない


白人美女「ごめんー」


また間違える白人美女


俺「また間違えたな!!コラ!!」


両手で後ろから白人美女をチョイふざけつつ抱いた。

 

抵抗はない。

 

手で白人美女の顔を後ろに向けキスをする

 

(*´ε`*)チュッチュ

 

向こうもソフトなキスで返してくる。

 

いくぜ!!勝負に出るぞ!!

 

俺「俺は君を抱きたい」
白人美女「抱く?」

 

ん?という顔をされた。


抱くという日本語の細かいニュアンスが伝わらなかった。

相手は外国人だもっとストレートに欧米風に言おう。


俺「ホテルへ行こう。君とHがしたい。」
白人美女「そういうことね♡」

 

何の変化も付けずそのまますぎるストレートな誘いだが、白人美女はすんなりまんざらでもない顔で受け入れてくれた。

カラオケで仕上げるときは時間配分がメチャクチャ大事になりますので、和む時間、いちぃちゃ時間のバランスが悪いと負けることになるので、事前に自分の仲の時間配分をつかみましょう!

白人ニューハーフと国境と性を超えた即日セックス!!

ホテルの部屋に入ったものの、いつもとは少し異なる感情だ。

それは今まで白人のニューハーフとセックスした経験なんてないからこそ


一体これから俺はどうなるんだろうという気持ちだった?


しかもまだ体は改造していないので、チンコはついている。

 

必然的に向こうのアナルに挿入という形になるよな….

 

アナルって….俺始めてだよ….。

 

AVでしか見たことないよ。


洋モノAVで白人女優がガバガバに広がったアナルに男優がチ○コを挿入して

 

OH~YES♡


のイメージしかない。

てかさ…俺のチ○コにうんこつかないの?

 「うんちくん」の画像検索結果


不安というより、未知すぎて色んな疑問が湧いてくる。

いや、そんなこと関係ない。


もっと恋愛力爆上げして将来最高の女を俺は愛したい。


いつか最高の女性に出会った時のために、今必死こいて恋愛力を上げていてる最中だ。


だからこそいろんな女性を見て、知って、学んで、愛さないと恋愛力を爆上げすることなんて到底不可能だ。


その為にも将来の経験のためにも目の前の女性にチンコがついていても、愛せないと。

愛せるようにならないと。動じてはいけない。


恐らく彼女なりに勇気を振り絞って俺にニューハーフと打ち明けてくれたはずだ。

で中にはそれで動じまくって去っていった男もいるかもしれない。


でも俺は違う。


将来最高の女を愛したいという戯言をほざく前に
まずは目の前にいる女性を愛さなければ。


そして自分のまだ知らない世界にどんどん冒険しなければ。


そんな俺なりの覚悟を決めながらシャワーを浴びる為、

俺は何のためらいもなくフルチンになる。

 

一方で彼女は僕のようにためらいもなく脱ぐことがどうやらできないようだ。


白人美女「恥ずかしい」


中々脱ごうとせず、完全にその辺の女より乙女だった。

 

俺「大丈夫だ。ノープロブレム」


彼女を安心させるため言葉をかける俺。


そして服を脱ぎ彼女もすっぽんぽんになるが、両手であそこを隠していた。

 

俺「恥ずかしがるな!大丈夫だ俺もチンコはついている」
白人美女「もう恥ずかしいから見ないで!」


彼女は必死に両手でチ○コを隠しているが、それでも手の隙間からかすかに見える。


たしかに自分と同じものがついている。棒が。

 

見た目は175センチ以上あり、かつ金髪で青い目をしてスタイル抜群でやっぱ美人だ。


でも俺と同じものがついている。棒が。


同じ部屋に棒が2本あるという不思議な光景だ。


シャワーを浴びる俺たち。

 

ナンパしなければこんな状況普通絶対ない。

 

白人とやるのも珍しいし、ニューハーフとやるのも珍しい。

 

しかも今回の場合は白人のニューハーフ。

 

こんな経験ナンパでもしない限りそうそうできないぞ。

 

風俗でもさすがに白人ニューハーフの店なんてないと思う。


それだけ俺は今貴重な経験をしているわけだ。

こういうぶっ飛んだ普通の人がしない経験やエピソードが将来美女を口説くときに絶対生きてくると俺は信じている。

 

そしてベッドに行き、お互いハグをし、キスをする。


向こうが俺のチ○コをペロンチョもしてくれる。


フェラもやはり男の気持ちがわかるからなのか、速度の上げ下げが非常にうまい。


彼女のチンコはどうなっているのかなと思って、彼女のチ○コを見ると勃起している。

 

さすがにフェラをしてあげる根性は俺にはなかったが、それでも触った。しごいた。


人種のこともあるのか、我々日本人と違って、全然固くなくまるでウインナーのようだ。

 

そしてついに肝心のアナルセックスだが、彼女曰くとにかくローションが成功の鍵を握るそうで、部屋内にあるローションを使って

 

まず私ロドリゲスのチ○コにまんべんなくつける、そして彼女のアナルにも塗りたくる。


そしてゆっくりゆっくり……挿入する。


感触としては若干マ○コよりきついかな?くらいでそこまで違和感はない。

 

俺「痛くない?」
白人美女「き、きもちい」

 

 

 

 

 

KO(即日アナルセックス)!!

 

その後うんこがつくという当初心配されていたアクシデントは特になく、2回戦をやり終え、

彼女と日本人とニュージーランド人の価値観の相違や文化について話したり、今後のお互いの将来の夢について話して、俺たちはホテルに宿泊し、朝になりホテルを出た。


彼女は残り4日で祖国に帰るそう。

白人美女「もっと日本にいたいなー」

俺「またいつでも戻ってこい。頑張れよ!」

白人美女「そっちの夢も頑張ってね!すべての経験は無駄じゃないからね!」


南波の信号が青に変わった時、お互いハグをし、本来宿泊しているゲストハウスに向かう彼女を僕は見送った。


頑張ってくれ。俺も頑張るから。ますます今後頑張ろうと思えた。


そして時刻は12時。

空腹で死にそうな俺は道頓堀の金龍ラーメンに消えていった。

総括&反省

はい。地獄のようなハロウィンでこのような結果が出ました。

一生ハロウィン好きになることはないです(笑)。


ニューハーフとやった感想は….まあやっぱ女性が一番です。


ただ人生経験として、彼女からいろんなことを学ばされた日でもあり、とても有意義な日になりました。

この戦いを通してまた男として人として一皮むけたと思います。


恋愛力爆上げして一緒に未知の世界へ冒険しようぜ!!

 

【期間限定 無料】LINE@登録でS級美女攻略動画&お笑いナンパの神髄PDF
をプレゼント

「21年間童貞を貫いた男がたった1か月で元No,1キャバ嬢のS級美女を手に入れた方法~0を1にする力」

を解説した渾身のS級美女攻略動画と

「元芸人だからわかる、お笑いナンパをするうえで一番大切な理論」

を解説したお笑いナンパの神髄PDFをプレゼントしています

動画内容はS級美女をゲットするために僕がしたことを解説しています

・分析することの大切さ
・声をかける女性の種類
・ナンパ時のファッション
・S級美女に挑むときのマインド

このように面食い大魔王のくせに全くモテなかった僕がどのような思考で、
どのような戦略でどのようなマインドで自分好みのS級美女をゲットしたか
出し惜しみなく話しています。

またお笑いナンパの神髄PDFでは

・どうやって他のお笑いナンパと差別化をはかるのか?
・元芸人だからこそ理論的にお笑いの仕組みを解説
・相手を笑わせるボケの仕組みを細かく解説

始めたばかりで何から始めていいかわからない人や、美人にはどうしてもビビってしまう人や、お笑いナンパやりたいけどどうすればいいのかわからない人や
ただただ面白くなりたい人は

こちらから登録してください↓

LINE@を登録したらスタンプを送信してください。

確認次第動画を送らせていただきます。
友だち追加

ミナミナンパ大阪ストリートナンパ
シェアする
sakaiをフォローする
恋愛人生冒険物語

コメント